Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

疲れやすい?ヘパリーゼZと疲労回復の関係とは|疲れない?

「疲れやすいときにヘパリーゼZを飲むと疲れないの?」

ヘパリーゼZは疲労回復にも効くといわれていますが、本当なのでしょうか?

そこで、ヘパリーゼZと疲労回復の関係を調べてみました

ヘパリーゼZと疲労回復の関係とは|疲れやすい方へおすすめ


引用:ゼリアオンライン

ヘパリーゼZは肝臓ケアサプリメントとして人気ですよね。

では、肝臓ケアサプリメントであるヘパリーゼZは、疲労回復に効果があるのでしょうか?

肝臓の主な働き

  • 解毒作用
  • 胆汁の産生
  • エネルギー代謝作用

肝臓には主に3つの働きがありました。

肝臓の働きでよく知られているのは、アンモニアやアルコールの分解作用ですよね。

また、肝臓には、脂質を分解して消化をしやすくする胆汁の産生の働きもあります。

そして、肝臓にはエネルギー代謝の働きもありました。

肝臓のエネルギー代謝の働きと疲労回復

身体が疲れやすい原因にはいろいろな要因があると思いますが、一つの要因として肝臓が疲れて肝臓のエネルギー代謝の働きが弱くなっていることが考えられます。

肝臓のエネルギー代謝の働きとは、食事で食べた栄養分や身体の中にある栄養分を分解して身体に必要な形に作り変える作用のことをいいます。

肝臓が疲れてエネルギー代謝の働きが弱くなると、身体に必要な栄養素が不足することが考えられますよね。

身体の栄養素は肝臓から身体の必要な部分に送られているそうですので、肝臓が疲れると身体に必要な栄養素が送られにくくなるといわれています。

ですので、肝臓が疲れて身体に必要な栄養素が送られにくくなると、疲れやすくなったり疲れが取れにくくなったりすることが考えらえるのです。

解毒作用と身体の疲れの関係

先ほどもお話ししましたように、肝臓にはアンモニアやアルコールを分解して無毒にする解毒作用があります。

アンモニアやアルコールは身体に有害ですので、肝臓で分解されることにより、身体は健康を保てるのですね。

しかし、肝臓の働きが弱くなると、アンモニアやアルコールなどの毒素の解毒作用が弱くなります。

肝臓の解毒作用が弱くなると、分解されにくい毒素は血液と一緒に身体を巡ることがあるそうで、そうなると疲労感や身体の不調を感じるようになるといわれています。

ヘパリーゼZと疲労回復の関係|疲れない体質へ

肝臓が疲れると、肝臓のエネルギー代謝の働きや解毒作用が弱くなり、その結果身体が疲れやすくなることがあるとお話ししました。

ですので、疲れやすいときや疲労回復しにくい原因が肝臓にあるとお感じのときには、肝臓のケアがとても大切になってきます。

では、ヘパリーゼZは肝臓ケアに効果が期待できるサプリメントなのでしょうか?

先ほどお話ししましたように、ヘパリーゼZは肝臓の働きをサポートする栄養素が配合されているサプリメント

ですので、ヘパリーゼZを飲むことによって肝臓が元気になる効果が期待できるのですね。

肝臓が元気になると、疲れにくかった身体の疲れが取れやすくなったり、疲労回復の時間が早まる効果も期待できるようになります。

「ヘパリーゼZは疲労回復におすすめ」といわれる背景には、以上のような理由があったのですね。

 

「ちょっとのことでは疲れないようになりたい…。」

「疲労回復しやすい体質になりたい…。」

このようにお悩みの時には、一度、ヘパリーゼZをお試しされてみてはいかがでしょうか?

↓↓↓

ヘパリーゼZとレバリズム-Lの効果口コミの違いとは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする