Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヘパリーゼZと飲み過ぎによる頭痛の関係とは|すごい飲み過ぎ対策


引用:ゼリアオンライン

飲み過ぎると、すごい頭痛や二日酔いになることもありますよね。

そんなときにはヘパリーゼZがおすすめ。

でもなぜ、飲み過ぎによる頭痛や二日酔いにヘパリーゼZがおすすめなのでしょうか?

この記事では、ヘパリーゼZと飲み過ぎによる頭痛の関係が分かる内容になっています。

ヘパリーゼZと飲み過ぎによる頭痛の関係|すごい働き

飲み過ぎによる頭痛はなぜ起きるのでしょうか?

飲み過ぎによる頭痛が起きる要因は、アルコールが肝臓で分解される過程で発生されるアセトアルデヒドにありました。

お酒を飲むと、お酒に含まれているアルコールは肝臓でアセトアルデヒドに分解されます。

そして、アルコールから分解されたアセトアルデヒドは、最終的に水と炭酸に分解されて身体から排出されます。

このように、アルコールは肝臓でアセトアルデヒド、そして水と炭酸に分解されるわけです。

しかし、お酒をすごい飲み過ぎると、肝臓にすごい負担がかかってしまいアセトアルデヒドの分解が追いつかなくなります

また、すごい飲み過ぎると「アセトアルデヒドの分解のために必要な体内にある栄養素」も不足することが考えられます。

ですので、飲み過ぎてアセトアルデヒドが肝臓で分解されにくくなると、体内にアセトアルデヒドがたまるようになります。

アセトアルデヒドは頭痛の原因になりますので、すごい飲み過ぎて体内にアセトアルデヒドがたまると頭痛を起こしやすくなるのですね。

ですので、飲み過ぎによる頭痛を防ぐには、肝臓でしっかりとアセトアルデヒドが分解される必要があります。

ヘパリーゼZは肝臓の解毒作用をサポート

ヘパリーゼZの栄養素

肝臓エキス 人の肝臓はさまざまなアミノ酸からできていますので、肝臓の働きを維持するためには肝臓にアミノ酸をしっかりと補給することが必要。ヘパリーゼZの肝臓エキスには、身体に必要な必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸が含まれています。

ウコンエキス

ウコンエキスには、肝臓を刺激する働きがあるといわれています。
オルニチン オルニチンは、肝臓におけるアルコールの分解作用に関与している成分といわれています。
L-シスチン L-シスチンは肝臓の代謝機能をサポートする働きがある栄養素といわれています。代謝とは食事で食べた栄養素を身体に必要な形に作り変える働きのことをいいます。

以上のように、ヘパリーゼZには肝臓の働きをサポートする成分がたくさん配合されています。

肝臓の働きには解毒作用もありますので、ヘパリーゼZを飲むことによって肝臓の解毒作用が維持され、飲み過ぎによる頭痛の改善にも効果が期待できるのですね。

ただ、ヘパリーゼZを飲んだからといって、すごい飲み過ぎによる頭痛が起きなくなるわけではありません。

しかし、ヘパリーゼZの口コミを見ると、口コミのほとんどが「お酒に関する感想」といって良いくらいに、ヘパリーゼZはお酒好きの方に愛用されているサプリメント

ですので、飲み過ぎによる頭痛が気になるときには、一度ヘパリーゼZをお試しされてみてはいかがでしょうか?

ヘパリーゼZとレバリズムの効果口コミの違いとは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする